私、神無月あずむが運営する趣味のブログ。 ※現在はパチエヴァ中心に活動中です。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
17弾カード紹介2
インフィニットジャスティスガンダム
コスト白3-6-3 戦闘力7/4/7 宇宙/地球
【1枚制限】 【PS装甲(6)】 宙間戦闘(2) 特殊シールド(3)
(常時):《[1・1]0》:このカードは、ターン終了時まで-2/-2/-2を得る、その場合、このカードと同じエリアに、リフターコインを1個出す。リフターコインは以後、《UNIT、地形適正「宇宙」「地球」、「高機動」、4/4/4》として扱い、ターン終了時に取り除かれる。


12弾に収録されたジャスティスと同じく、自分のサイズを下げて何かをするタイプのテキストに落ち着いたわけですが、自分以外の自軍ユニットがいないと役に立たなかった前回と違い、今回は自給自足のできる機体になっております。

テキストに必要な指定が[1・1]しかないので、Gを割られても1枚出せればこいつで延々と4/4/4の高機動アタッカー兼ブロッカーを毎回1個出せるわけです。
単体で9点打点を生み出せて、なおかつ膠着状態時には高機動付きのリフターのみで殴りに行ける優秀機。
ストフリと1枚ずつ入れればどんなデッキにもこいつらでそれなりには対処ができそう。


ストライクノワール
コスト白2-4-2 宇宙 地球 5/2/5
【PS装甲】特殊シールド(3)
ダメージ判定ステップ《[3・4]0》このカードが戦闘エリアにいる場合、
手札にある合計国力Xを持つカードを1枚選んで廃棄する。その場合、リロール状態の敵軍ユニット1枚にXダメージを与える。または、このカードと交戦中の、X以下の合計国力を持つ敵軍ユニット1枚を破壊する。


こちらは、まだ画像などの確認がとれていないので未確定カードになるのですが、2chに載っていたので一応掲載しました。

正直、4国力のPS装甲持ちでは最強の部類に入るカードです。
手札の余ったカードで相手を焼けるので、間違いなく白デッキには3枚マスト。
だって、手札に腐ってる2枚目のアカツキとかキャラクター捨てて4~5国力の交戦中の敵軍ユニット破壊したりエリア問わずでダメージ与えられたりするカードが弱いわけないじゃないですか。
捨ててカトルで回収するのもありだし、臨機応変に対応しながら敵軍ユニットを除去できるのは強みですね。
スポンサーサイト
page top
更新再開
最近、更新をずっと怠けていましたが、これからはちょくちょくと更新を続けていこうかなと思います。

パチエヴァの方は、最近めっきり実機での調子が上がらないのでしばらくお休みします。




さて、今回は久々にガンダムウォーの話題でいこうと思います。
今月下旬に、ガンダムウォーの新エキスパンション「不敗の流派」が発売されますが、今回はガンダムウォーのインフレゲーム化を明確なものにした11弾「蒼海の死闘」に並ぶくらいえげつない強さを持ったカードが収録されています。

元から、ガンダムウォーは夏発売のエキスパンションに力を入れている傾向があったので、強力なカードが収録されるのはわかっていたのですが、去年発売された15弾「禁忌の胎動」に収録されているカードのパワーがそこまで環境を変えるに至らなかったことで、少々平和ボケしていたみたいですw

今回は、既に情報が公開されているカードを紹介しようと思います。


ガンダムF91
コスト青2-6-1 戦闘力5/3/5 宇宙/地球
プリベント(5) 特殊シールド(1)
(自動B):《[1・1]》このカードは、手札にある状態で、敵軍効果によって手札以外の場所に移る場合、または5以上の合計国力を持つ敵軍カードが場に出た場合、自軍配備エリアにリロール状態で出す事ができる。
(自動A):このカードが属するセットグループは、廃棄以外の敵軍効果では、移動せずロールしない。


8弾以来、脚光を浴びる事のなかったF91ですが、17弾でようやくおニューになって帰って来ました。
テキストですが、上のテキストは現在の中速環境ではとても優秀なテキストです。
相手が合計国力5以上のカードを場に出してくれれば配備制限関係なしにリロールインできるます。
ハンデスや破滅、血バレなどで手札以外の場所に送られる時でも発動するので、とても厄介なテキストであるのは間違いないですね。

下のテキストも、今の環境ではかなりウザがられるテキストです。
まず、現環境のデッキの9割に入っている凌駕が効かないのは偉い。
さらに、セットグループを含み廃棄以外の敵軍効果で移動しないので、白相手にキャラセットのカットインで部品ドロボウを打たれることも、恫喝で手札に帰されることもありません。
当然、転向やジ・オで奪われることもないので、安心して強力なNTをセットできます。

と、いうわけで、F91を使った青単を試験的にですが挙げてみます。

G…18
青基本G×13
中立地区防衛部隊×3
ソロモン海域×2

ユニット…15
プロトタイプガンダム(エース編)×2
リックディアス(アムロ・レイ機)×3
ガンダム試作3号機ステイメン(TS)×3
ガンダム試作3号機(TS)×2
Zガンダム(Z編)×2
ガンダムF91(17弾)×3

キャラクター…4
アムロ・レイ(7弾)×1
カミーユ・ビダン(14弾)×1
ウッソ・エヴィン(11弾)×1
ジュドー・アーシタ(GTG)×1

コマンド…10
急ごしらえ×3
政治特権×3
海×1
抱擁×2
三段構え×1

オペレーション…3
カタパルト×2
凌駕×1

サイドボード
カミーユ・ビダン(BB)
ファ・ユイリィ(女神編)×1
一時休戦×2
母よ大地に帰れ×1
レジスタンス×2
キリマンジャロの嵐×2


流れとしては、以前のデンドロタイプにF91を突っ込んだだけなのですが、カタパルトとF91のおかげで、ロールにある程度の耐性が付いているので、オーブ避難民を中立と差し替え、MF耐性を付けました。
F91は場に出てしまえばほぼ触れられないカードになるので、GTGジュドーや14弾カミーユ、11弾ウッソで交戦でのアドバンテージを得ることに特化させた方が得策と思い、キャラ構成が変わっています。

サイド構築は、対赤用にレジスタンスを投入。
カウンターされないことを考えると、相手の手札を覗ける母よ大地に帰れが偉い気がするので、サイドのオペ割りはロンド・ベルではなくこちら。
F91がいるとはいえ、やはり大量ハンデスは怖いのと、焼きに耐性があるのがデンドロとカミーユくらいしかいないので、キリマンジャロの嵐は必須だと思います。
© あずむのまったりブログ漬け. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。